鼠径ヘルニアの手術時間や入院期間

鼠径ヘルニアの手術や症状トップ > 鼠径ヘルニアの治療鼠径ヘルニアの手術時間や入院期間

鼠径ヘルニアの手術時間や入院期間

鼠径ヘルニアの手術時間や入院期間はどのくらいなのでしょうか?
ここでは「鼠径ヘルニアの手術時間」と「鼠径ヘルニアの入院期間」の2つを紹介します。

鼠径ヘルニアの手術時間

鼠径ヘルニアの手術時間は30分〜1時間程度になりますが、もちろん患者さんのヘルニアの状態や健康状態などによっても異なってきます。
この手術時間は手術を実際に行う時間なので、麻酔やその他の準備をする時間を含めると3時間以上はかかるといわれています。


スポンサードリンク

鼠径ヘルニアの入院期間

鼠径ヘルニアの手術には入院が必要か?といえば、必ずしも入院は必要ではなく健康な人であれば日帰り手術も可能です。
鼠径ヘルニアでかん頓を起こして腸を切除した場合は、腸が治癒するまでに入院が1週間はかかるといわれていますが、その他入院する主な理由は痛みなどで入院を希望したりします。

鼠径ヘルニアの概略

鼠径ヘルニアとは足の付け根である鼠径部に、腸などの臓器の一部が飛び出した状態のことをいいます。
比較的男性に多い傾向にあり、乳幼児から成人、老人まで様々な年齢層で鼠径ヘルニアを発症する可能性があります。
鼠径ヘルニアの症状では、鼠頸部にこぶのような膨らみがみられ、触ると柔らかいです。しかし、症状が悪化してかん頓といわれる状態になると、膨らみが硬くなり非常に激しい痛みを覚えます。


鼠径ヘルニアの知識

当サイトについて

Copyright(c) 鼠径ヘルニアの手術や症状 All rights reserved .