腹腔鏡下手術(鼠径ヘルニアの手術法)

鼠径ヘルニアの手術や症状トップ > 鼠径ヘルニアの治療腹腔鏡下手術(鼠径ヘルニアの手術法)

腹腔鏡下手術(鼠径ヘルニアの手術法)

腹腔鏡下手術とは腹腔鏡という内視鏡を使用して手術を行います。
腹腔鏡下手術では、まずおなかに小さな穴をあけます。そこから細い道具を使い、患部を手や指を触れないで腹腔鏡を見ながら治療します。

ヘルニア門を閉じるときはメッシュを使用します。このときのメッシュは1枚をヘルニア門の腹腔側からあてて、閉鎖させます。
腹腔鏡下手術の利点は、切開を行わないため患者さんにとって切開手術よりは負担の軽い手術法になります。
一方で切開法より腹腔鏡下手術は熟練が必要で、簡単ではない手術です。


スポンサードリンク

腹腔鏡下手術の種類

腹腔鏡下手術の方法には経腹的方法と腹膜外法などがあります。
それぞれについては「経腹的方法と腹膜外法」で紹介します。

鼠径ヘルニアの概略

鼠径ヘルニアとは足の付け根である鼠径部に、腸などの臓器の一部が飛び出した状態のことをいいます。
比較的男性に多い傾向にあり、乳幼児から成人、老人まで様々な年齢層で鼠径ヘルニアを発症する可能性があります。
鼠径ヘルニアの症状では、鼠頸部にこぶのような膨らみがみられ、触ると柔らかいです。しかし、症状が悪化してかん頓といわれる状態になると、膨らみが硬くなり非常に激しい痛みを覚えます。


鼠径ヘルニアの知識

当サイトについて

Copyright(c) 鼠径ヘルニアの手術や症状 All rights reserved .